大阪観光情報

造幣局 桜の通り抜け感想 花見の写真や屋台など楽しみ方


大阪のお花見と言えば、造幣局の桜の通り抜けは外せませんよね。

そこで今回はその感想やオススメのルート、そして屋台などの楽しみ方などを写真を付けてご紹介します。
 
 
【今回の内容】

  • 造幣局 桜の通り抜け感想 オススメのルートは?
  •  

  • 造幣局 桜の通り抜け感想 花見の写真は?
  •  

  • 造幣局 桜の通り抜け感想 屋台の楽しみ方
 
 
◎関連情報
造幣局 桜の通り抜け2017 期間と時間 最新情報!
 
 

造幣局 桜の通り抜け感想 オススメのルートは?

 
造幣局の桜の通り抜けですが、造幣局の敷地内は一方通行になっていて、屋台も一緒に楽しめて、お花見も一緒に楽しめるルートはこちら!

 

1、地下鉄谷町線・天満橋で降りる。

アクセス方法はいくつかありますが、一番手堅いのは、地下鉄谷町線の天満橋駅を使うこと。降りてすぐに売店がありますが、まだまだお楽しみはこれから!ぐっと我慢しましょう。

 

2、大川を渡り、天神橋北詰を右折。

天満橋駅から造幣局の桜の通り抜けまではこのルートを通るのですが、もう人がすごいです!
警察がいます。交通に支障がでないように怒鳴っていました。(;´▽`A``

 

3、そのまま人の流れに任せて真っすぐ歩く。

そのまま流れに任せて歩きます。ここで横の屋台側から歩くという方法もありますが、お楽しみは後に取っておきましょう。

 

4、造幣局へ入る。(ここから一方通行)


造幣局の中は一方通行です。
記念メダルや、貨幣セットは中で購入することができます。

 

5、屋台のある川沿いへ移動する。


しばらく歩くと、上の写真が見えてきます。ここから川沿いのルートへ。
再び天満橋駅に向かいながら屋台を楽しみます。

 

6、帰りにお土産を買う。

そして帰る前には、天満橋駅でお土産を購入。疲れたときは、天満橋駅のカフェでゆっくりできるという至れり尽くせりの観光コースです。

スポンサードリンク

 

造幣局 桜の通り抜け感想 花見の写真は?

 
今回は、天気のいい日を狙っていったこともあって大混雑!(*´д`*)

でもストレスが溜まるような混雑じゃなくて、大勢でワイワイする感じが楽しめる感じだったのですごく楽しかったです。

 

多くの人に圧倒されそう!

天満橋駅を降りてすぐでも人が多いので、造幣局の入口からは、それはもう、とんでもない人でした。

入口を入ってすぐは、ここってお花見スポット?と疑うくらい警戒心の強い警備員さん達が並んでいます。

でも200mくらい歩くと、少しだけ混雑が和らぎますので、そこ辺りからは余裕をもってお花見を楽しめます。

 

写真撮影はコツが必要。

造幣局の桜の通り抜けでは、三脚禁止・立ち止まり禁止なので、カメラを構えてじっくりと撮影ということができません。
しかも一方通行なので、通り過ぎると戻ることができないのが辛い所。

造幣局 桜の通り抜け 写真
造幣局 桜の通り抜け 写真
オススメはお目当ての桜を見つけたら、スムーズに近づいて、サッと撮り離れる戦法です。

 

垂れ下がっている桜は絶好の撮影スポット

造幣局 桜の通り抜け 写真
造幣局 桜の通り抜け 写真
造幣局 桜の通り抜け 写真
とくに私が撮りやすかったのが、垂れ下がっている桜。垂れ下がっているので桜を後ろにした記念撮影も取りやすく人気が集中!

 

歴史ある建物を背景にした桜の写真

造幣局 桜の通り抜け 写真
造幣局 桜の通り抜け 写真
造幣局 桜の通り抜け 写真
造幣局の歴史のある建物を背景にした桜の写真です。これを撮影すると、造幣局の桜の通り抜けに来たんだという実感を感じます。

 

帰る時前に橋の上から見下ろす桜の風景。

造幣局 桜の通り抜け 写真
屋台も楽しんだ後、帰り道にまた橋を渡りますが、この時に橋の上から公園を見下ろすと、いい感じの桜の風景が広がっています。

最後の最後まで楽しむことができますね。

スポンサードリンク

 

造幣局 桜の通り抜け感想 屋台の楽しみ方

 
造幣局の桜の通り抜けを堪能した後は、屋台巡りです。これを楽しまなきゃもったいない!

 

ランチからおやつまで本格派の屋台

屋台と言っても場所によって内容が大きち変わります。大阪造幣局の桜の通り抜けで出店している屋台は、バラエティー豊富で、ランチからおやつ、そしてくじ引きやゲームなど様々!

その中からオススメをご紹介します。
 

やきそば


大盛りすぎる!
これって採算あうの!?Σ(・□・;)
 

焼きたけのこ


珍しい屋台のメニューですね。
美味しそう。
 

チョコバナナ


今回のイチオシがコレ!
チョコバナナにキャラクターでデコがされていました。
 

鮎焼き


鮎焼きをその場で焼いているのって食べることができます。
 

お土産はこれでしょ!


造幣局の桜の通り抜けのお土産といえば、造幣まんじゅうは定番ですよね。
他にも桜まんじゅうや、桜ひねり餅なども天満橋駅で発売されていました。
 

スポンサードリンク

 

まとめ


オススメのルートは、天満橋駅で降りて、造幣局の桜の通り抜けを観光。その後、屋台を楽しみ、お土産を買って帰る。
 
 

とにかく人の混雑がすごい!
 
 

写真撮影の時は周囲に注意。
 
 

屋台がとにかく豊富!
 
 

お土産は天満橋駅で買う。

スポンサードリンク

-大阪観光情報