USJガイド

初心者カメラブログ 失敗談を集めるよ!

更新日:


えー・・・

今、私はユニバ付近の
とあるカフェから
このブログを書いています。

Twitterでもつぶやき(叫び)
ましたが、

愛用していたデジカメが
壊れました!!(´A`。)うぅ・・

 

そんなわけで
新しいカメラを買うための
軌跡をブログに挙げていきます。

精神的に
大ダメージを受けていますが
負けるわけにはいきません!

〇(。+・`ω・´)o
 

今回は第一弾ということで
失敗談を集めていきます。

 
 

値段だけでカメラを選んでしまった!

 
私みたいな初心者にとって
カメラ選びは難しいところです。

でも今はスマホもあるし
ズームがあって
そこそこ撮影できるなら
あとは値段の安いのを
選べばいいじゃん!

 

でも、カメラには
大きく分けて
3タイプ

・コンパクトデジタルカメラ
 (略して・コンデジ)

・ミラーレス一眼カメラ

・一眼レフカメラ

 

と分かれます。

 

さらに初心者が失敗しやすいのが
ビデオカメラの写真モード。

ビデオカメラがあれば
撮影もできるし
余裕じゃん!
って思ってしまいます。

 

スポンサードリンク

 

私が今まで使っていたカメラ達

 
という訳で
私はズームが効く
ビデオカメラと、
コンパクトカメラ
そしてスマホ(iPhone)を使って
今まで撮影していました。

 

使いやすさ№1はスマホ

一番の主力はスマホでした。

使いやすくて
サッと撮影できるし、
連射撮影もOK!

動くシーンは動画で撮影して
あとでいい場面を抜き出して
スクリーンショット(スクショ)を
すればOK!

といろいろと便利です。

 

デメリットは
ズームが効かないことや
それぞれのシーンに合わせた
調整ができない点ですね。

アプリで多少の調整はできますが
どうしても粗さが
目立ってしまいます。

 

あと・・・

あとですね・・・

バッテリー消耗が
異常に早い!!ヾ(*`Д´*)ノ"

 

特にiPhone6に見られる症状の
ようですが
カメラモードにすると
バッテリー消費が
激しくなるそうです。

なのでカメラ撮影する時は
バッテリーを省エネモードに
切り替えて使っています。

コンパクトデジタルカメラ

スマホには向かないシーンで
撮影するために持ち歩いていたのが
コンパクトデジタルカメラ、
いわゆるコンデジです。

光学ズームは10倍で
夜景も頑張れば
そこそこに写ります。

が、

今、私が持っているコンデジは
10年前の兄のおさがり!

現在発売されている
コンデジと比べても
性能は圧倒的に低い(ノД`)

 

古いこともあって
バッテリーがすぐになくなります。

 

ビデオカメラの写真モードは画質が粗い!

 

そしてカメラ初心者が
失敗しやすいのが
ビデオカメラでの撮影。

ビデオカメラにも
写真撮影モードがありますが
こちらはどうしても
デジカメに比べると
写り方が粗くなります。

 

これは画素数などの
問題だけではなく
センサーが理由のようですね。

 

ビデオカメラは動画撮影を
重視しているため
1枚の画像に対しては
そこまで精度は
高くないようです。
 
 

スポンサードリンク

 

太陽にレンズを向けるのは厳禁!!

 
カメラには
光を受け取るセンサーが
内臓されています。

でも太陽のような
強力な光にレンズを向けると
センサーが壊れてしまいます。

これは高価な物だからとかではなく
カメラ全般に言えることです。

 

もちろん
レンズ越しに太陽を見るのは
自分の目も傷めますので
厳禁です。

太陽が当たる場所にカメラを置くのもダメ!

 
これはうっかりしていると
やってしまう失敗ですね。

家に帰ってきて
カメラを机の上に置きっぱなしに
してしまって
太陽の光を長時間浴びせてしまう
というケースです。

 

カメラは必ず
光の当たらないところで
保管するのが原則です!

夜景の撮影が難しい!

カメラ選びで
失敗するケースに
夜景撮影や室内撮影を
想定していなかった場合です。

特にイルミネーションの
撮影は難しいです。

一部はものすごく明るいのに
その周りは暗いので
せっかくのイルミネーションの
美しさを写真に収められないと
言う場合がとても多いです。

これを解決するには
それなりに設定を調整できるものが
必要になりますが
初心者にとって
ややこしすぎる設定は
ちょっと辛い・・・。

なので
わかりやすく設定できる機種を
選ぶのがコツです。

 

似た理由で難しいのが
室内の撮影です。

室内の暗さって
まちまちなんですよね。

なのでここはオート機能が
高い機種を選びたいところです。

 

スポンサードリンク

 

まとめ

カメラはハマると
すごく面白いです。

思い出を保管して
あとで音楽付きのアルバムにしたり
ただ眺めているだけでも
癒しになったり・・・

誰かが撮影したものを見るのも
いいですけど
自分で撮影するからこその
楽しみがあります。

動画とは違う楽しみがあるのが
カメラの醍醐味だと
私は思います。

スポンサードリンク

-USJガイド

Copyright© USJ-大阪 観光攻略ナビ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.